広告1

53年前のいじめ加害者を同窓会で殺害した69歳の男「気持ちはわかる」「誰も救われない」の声 | ニコニコニュース

広告4

広告5

53年前のいじめ加害者を同窓会で殺害した69歳の男「気持ちはわかる」「誰も救われない」の声 | ニコニコニュース

 子ども達はそろそろ新学期が始まり、いじめに関する著名人の見解が各メディアで取り上げられている。いじめられた経験がある人の中には、いくつになっても当時のことを忘れることができない人も多いのではないだろうか。海外では学生時代にいじめを受けた者が50年超の時を経て加害者に復讐する事件が起こった。

 同窓会で高校時代のいじめ加害者を射殺した69歳の男が逃走中だと海外ニュースメディア「The Sun」が8月29日に報じた。

 8月24日、タイ・アントン県で53年前に同じ高校に通っていた男女が飲食店に集まり同窓会が開催されていた。元クラスメート達は、食事をしながら会話を楽しんでいたが、突然、一人の男が激怒して声を荒げたという。16歳の頃に自分をいじめていた、同じく69歳の男性に謝罪を求めたそうだ。しかし、男性は「(いじめた)記憶はない」と謝罪を拒否。この対応に激高した加害者の男は、所持していた拳銃で被害者の男性を撃ち、そのまま逃走したとのことだ。被害者の男性は病院に搬送されたが死亡が確認されたという。

 なお、タイ在住の日本人ジャーナリストによると、タイでは合法的に拳銃を購入できるそうだ。ただし購入するにはさまざまな書類提出や審査があり、全てのタイ人が購入できるわけではないとのことだ。

 同記事によると、同窓会の幹事を務めていた別の男性は「過去にも加害者は被害者からいじめられていたことに対して愚痴を漏らしていました。彼はいじめを決して忘れていませんでした。しかし、まさか殺害するとは思っていませんでした」と警察に証言したそうだ。

 タイ警察は、復讐を果たした加害者の男は現在も逃走中だと発表した。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「いじめっ子を殺害したことをかばうつもりはないが、正直いじめられっ子だった自分は加害者の気持ちがわかる」「誰も救われない悲しいニュース」「いじめたほうはふざけてるつもりで忘れていても、いじめられたほうは一生忘れないものだ」「加害者の男を責められない、いじめは自尊心や人生を台無しにすることを彼は証明した」「被害者が謝罪していたら、こんな結果にはならなかったかも」「被害者のご冥福をお祈りします」などの声が寄せられていた。

 いじめられた側が復讐のために同窓会で殺人を企てた事例は日本でも発生している。

 1991年1月2日佐賀県の旅館で地元中学卒業生の同窓会が開催されていた。約40名の生徒と5名の当時の担当教師が集まり、同窓会は盛況のまま終わったという。しかし、一点不審なことがあった。幹事の当時27歳の男が姿を見せなかったのだ。

 この幹事の男は中学時代に、清掃用具のロッカーに閉じ込められる、女生徒の前で裸にされる、何針も縫うほどの暴行を受けるなど、クラスメートからひどいいじめを受けていたという。卒業後もいじめのことを忘れられなかった男は復讐を決意。

 男は佐賀県の県立高校の食品化学科を経て大学の工学科に進学。卒業後、上京し会社を転々とするが、いずれも復讐のために、化学試薬を扱っている企業を選んだそうだ。同時期に化学薬品を入手しやすくするため、化学科甲種取扱免許も取得している。

 化学知識を身に付けた男は1990年、復讐を決行することにした。同窓会を開いて、元クラスメート達にヒ素入りのビールを飲ませ、爆弾で会場を爆破して、自分もろとも皆殺しにしようと大量殺人を計画。実際に、大量殺人兵器としてヒ素入りの瓶ビールを21本製造したそうだ。

 しかし、12月31日、同窓会の2日前に帰郷した際に、男が作成した『殺人計画書』を母親が発見し1991年1月1日に警察に通報。殺人計画は未遂に終わり、男は爆発物取締罰則違反などで懲役6年の実刑判決を下された。

 いじめる側は軽い気持ちだったのかもしれないが、いじめられた側の心の傷は時間が経っても癒えることはないようだ。なんとも後味の悪い事件である。

記事内の引用について
Pensioner, 69, waits 53 YEARS to shoot dead ‘childhood bully’ at school reunion(The Sunより)
https://www.thesun.co.uk/news/9819271/pensioner-shoots-dead-childhoodbully-school-reunion/

画像はイメージです

(出典 news.nicovideo.jp)

ゲスト

ゲスト

一言謝罪しておけば命は助かったものを、少年時代の弱いいじめられっこのままと考えて舐めてかかるとこうなる可能性は何処の国でもあるよ、いじめられた方は絶対に忘れる事なんてないのだからね。

ナガシ

ナガシ

この国ではいじめを告発するだけで迫害されるからな

志奈愛永

志奈愛永

流石に会場爆破は行き過ぎだなとは言えそのままヒ素入りビール飲んで死んでりゃ良かったのにな特にやった奴等は生きてる価値がない

月光

月光

たかが子供の頃のイジメの恨みを53年も抱えるのはキチガイとしか言い様がない。半身不随になったとか言うのだったら話は別だけどね

dai

dai

記事にある日本の例は記憶にあるわ。たしか犯人の男がけっこうな男前で

muryook

muryook

いじめっ子の中には過去の行いをなかったことにする人もいる。負い目を感じている人ほど事実の正当化ではなく抹消を図る。

青fungi

青fungi

倫理的にも、法的にも擁護できるところはない。けど、おめでとう。お疲れさま。本来なら相手が築き上げてきたものすべて踏みにじってからじゃないと気が収まらないだろうに、よく本人だけで我慢できたものだと思う。

スーパーチキン

スーパーチキン

同窓会には行かないようにします。別にいじめてた訳じゃねーけどな

ヨッシー

ヨッシー

「やられたら、やり返す!」を本人にそのままやり返すのがイイのか、発憤して他のコトで見返すのがイイのか、そのままトラウマとして一生引きずって生きて行くのがイイのか分からなくなってくるなぁ。せめて前向きになれたら。

megalomania

megalomania

自分からどうこうしようって人は少ないだろうが、目の前でいじめの主犯が崖から落ちそうになってたら笑顔で見捨てるって人はけっこういるのではなかろうか。

ゲスト

ゲスト

グズだから当時解決できなかったんだろうな。レスポンスが50年後とかw

来閏

来閏

ちなみに佐賀の事件で、爆弾の時限装置は、正確な時間に作動したとのことと、どこぞで読んだ記憶がある。それだけの知能の人間を狂わせるんだから、いじめをたかがなどという人間はまさしくキ印であろう

怪盗ラピスラズリ

怪盗ラピスラズリ

加害者と被害者の記述が逆なんじゃないかな。

kasshu

kasshu

殺しちゃ駄目だよ、両手両足、それと下あごを打ち抜いて歩くことも物を持つこともまともに喋ることも食べ物を噛むこともできない状態にして生かすべきだった

バイバイバイ

バイバイバイ

月光氏のコメで「たかが子供のいじめ根に持ってるのはキチガイ」って意見があるが、僕はそうとは言わないな。謝罪がなくても子供のころなら問題ないっていうなら、知人は最低の男ってことだろうから。知人は中学のころにふざけてカッターで刺され傷跡が顔に残ってる。でも、子供だからOKっていうんだろ?人体は動くし。

dai

dai

そうそう佐賀のやつ、頭もよくて顔もよかったんだよ。前向きになれてたら普通に勝ち組人生だったのになあ

ユウ

ユウ

いじめ加害者で詫びもいれん人間の屑だから、殺させても「ざまぁw」としか言えんな

しゅれーでぃんがー

しゅれーでぃんがー

人は何も愛や正義だけで突き進むだけではない事はモンテクリスト伯を読めば分かる

dolphins_siesta

dolphins_siesta

園から中学まで虐められ続けた自分としては、加害者を殺したい気持ちは判るよ。視界に入ったというだけでゴミや砂を投げつけられたり、暇つぶしで嫌がらせをしたり。相手が一人で見た目と違って抵抗しない性格で、歪んだ自尊心を満たすには最適な人形サンドバッグとで思っているのだろうね。 今の知識と現代の小型カメラや録音機が当時あれば、学校の担任共々確実に法廷に立たせるのに。

XY

XY

認知症で子供の頃に受けた屈辱を思い出しちゃったとか、そんな感じかなあ。50年以上憎しみを覚え続けてたらちょっと呑気すぎな気がする。


未分類

Posted by tool-plus